どんぐりころころ




明けましておめでとうございます。 :: 2016/01/03(Sun)

すっかりご無沙汰しておりますが、2016年になりましたねー。

ここ数ヶ月(更新しなくなった辺りから)、とにかく仕事が忙しくて忙しくて。
頭の中に常に仕事のことがあってブログを更新する気力もなく、帰宅して寝るまでの間に
その日の仕事をリセットして、次の日また頑張るっていう毎日の繰り返しでして。
色々なことを同時にすすめられない不器用さがあって、仕事が片付くまでは友達と会うのも億劫だったり。
いやーでもダメですね、なんか勿体ない。
この先もあと30年弱働く予定なのに、仕事仕事~って生活も疲れますな。
今年はその辺のオンオフをもうちょっと自分なりに上手に切り替えて、充実した生活を送りたいなと。

休んでる間もお弁当も作ってたし、ご飯もきちんと作ってはいたんですけど
写真撮ってアップするっていう作業だったり、パソコンに向かう元気がなくて放置してました。
ネイルは単色ベタ塗りが続いてますが、とりあえず塗ってはいます。
仕事が忙しくなってから、突発的に他部署の人と会わないといけない場面が増えたりで
今までのようにできなくなったりで、ネイルについては我慢我慢って感じです。

去年は楽しいこともあったけど、人に対してムカついたりイラっとしたり
こんなに人に対して怒ったのも久しぶりだわって思うくらい暴言吐いてみたり
振り返るとちょっと面倒なことも多かった気がします。
息子のことについては、本当に素晴らしい1年で、先生やお友達のおかげで充実した学校生活を
送ることができました。1年あっという間だったな~!

今年の目標としては
①仕事を頑張る・・・今の職場も3月までと信じて、あと3ヶ月大きな問題が起こりませんように。
②息子と遊ぶ・・・・・今は面倒な外出も(雪が凄いから)、春になったら色々遊びに行く。
③身だしなみ・・・・・若作りではなく、年相応に清潔感ある外見を心がける。

今年の目標というか、この年末年始で増加した体重(推定3~4㎏)をもとに戻すのが
一番最初にやるべきことなんだけど、一週間毎日実家でゴロゴロして夜はビールとご馳走食べて
昼間はお餅、みかん、甘栗のローテーションで、たまにポテチ・・・みたいな生活。
明日は仕事初めだし、1月中になんとかペースを取り戻す~!!顔パンパン!丸っ!!

そんなこんなで、今年も色々がんばるぞー!

去年1年ブログを見に来てくださった皆様、本当にありがとうございました^-^
ゆるゆる不定期更新ではありますが、今年も何卒よろしくお願いします。
そして皆様にとって2016がHappyな1年でありますように♪♪


スポンサーサイト
  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
父の日と母のちょっぴり複雑な思い :: 2015/06/21(Sun)


デイサービスとか学校とか、父の日の制作物を持ち帰って来て。
その中でもデイの制作がすっごい可愛いのです!
母の日の制作もすっごい手が込んでいて、指導員の方の創意工夫が溢れる素敵な作品で。
もちろん材料費は別途払ってはいるんだけど、100均アイテムを上手に使っていて
すっごく素敵なんです。
母の日は息子の活動中の写真とメッセージが木製のフォトフレームに入っていて
そのフォトフレームをマスキングテープや、シールで飾り付けしてありました。
父の日はお父さんの顔がついた小物入れでした。
これも色んな工夫がされていて、本当に感激してしまいました。

学校では絵具で手形を取って、裏にメッセージを書いたものを持ち帰ってきました。
小学校前に通っていた園では、母の日はあっても父の日の制作とかイベント系って
特にやってなかったと思います。

我が家は母子家庭だけど、月に1回面会してるし、入学式にも一緒に参加してるし
普段家にはいないけど息子にとっての「お父さん」はきちんと存在してるんですよね。
家にいないことがおかしいとか、何でうちにはお父さんがいないのかとか
そういうことを息子が理解しているかはわかりませんが、おそらくわかってないと思います。
お父さんは一緒に生活する人じゃないっていう認識で、それがお父さんなんだと。
それとも、お父さんいなくてもママがいるからって思ってるのかな・・・。

作品を持ち帰った息子に「おとうさんって書いてるし、これお父さんにあげる?」
って聞いてみたんですけど、あんまり乗り気じゃない感じ。
「じゃあママがもらってもいいの?」って聞くと「ママにあげる」って言うので
これはありがたく私がもらうことにしました。
これはこれでいいんです。
息子がそういうなら私が貰えばいいんだし、手形は自分で壁に飾るって張り切ってたし。

これが離婚してすぐだったら「ママにあげる」って言われたらそりゃ大喜びです。
「やっぱりね!ほらね、○○(息子)は私の方が好きなのよ!!!」って絶対そう思ったはず。
でも今は元夫に対する気持ちもだいぶ変わってるし(きっとお互いに)
子どもを通じての関係としてはベストな状態になりつつあるんじゃないかと思ってます。
今回の父の日の作品も、息子がお父さんにあげるって言ったら元夫に渡そうと思っていたんです。
でもそれは全部大人の考えや都合であって、息子に押し付けることではないし
それはそれで全然いいんですけど・・・。

うーん、書いてるうちにちょっとまとまりなくなっちゃいましたけど
息子にとってのお父さんとの関係、年齢と共に色々変化していくんだろうなーって思うと
この先どうなるか全然わかりませんが、それでも色々考えてしまいます。

まぁ、でも、月に1度会う父親との関係をあれこれ考えるよりも
毎日一緒にいる私と息子が仲良く暮らせるようにあれこれ考えた方が断然いいですね。
明日からまた色々頑張ろう!


  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
息子の成長にひたすら泣く :: 2015/03/17(Tue)

今日は息子の最後の個別指導の日だったので、仕事を早退して見に行った。
息子を担当してくれている先生は、2歳半で療育を始めてからずっと担当してくれてる先生。
当時は先生も若くて(今も若いけど)息子は今では想像つかないくらいの暴れん坊っぷりで泣き虫で。

毎回大きなリラックマのぬいぐるみを持って行かなきゃ勉強できなくて、40分間泣いてるだけで
終わったことも何回もあったし、先生の髪の毛ひっぱりまくって、もうどんだけ毛根にダメージ与えたことか。
息子も、先生も、私も、とにかく毎回必死だったなー。

そんな息子が、今自分の口で喋って歌って踊って、ひらがな書く練習とかしてて。
そんな4年間(5年近いかー)を振り返りながら、今日の勉強を見て泣けて泣けてしょうがなかった。
勉強が終わってから先生に挨拶して、もうね、先生も泣いてて、なんか二人してすっごい泣いてしまった。
4年間色んなことがありましたねーって、お互いそう言うのがやっとで、あとはひたすら泣いてしまった。

ひとつ出来るようになると、ついつい欲張ってしまって、その先、その先を求めてしまうけど
「この子はどんな声を出すんだろう」始まりはそこだったんだっていのを忘れずにいこう。
できて当たり前のことなんて何もなくて、毎日の生活全てが訓練で、息子が私を「ママ」って呼ぶことは
頑張って積み重ねてきたことの結果なんだっていうのを忘れずに、これからも頑張っていこう。

あるお医者さんのブログか何かで見た「親が生きてるうちが勝負ですよ」っていう一言。
私もまさにそうだと思う。私が生きてるうちに、私がいなくても生きていける力をつけてあげなきゃダメ。
私だっていつ死ぬかわからないし、いつまで働けるのかわからないし、1日1日大事にしなくちゃ。

でも、私がちょっとだけ後悔してること。
障がいが残るかもって言われた日(生まれてすぐ)から
頑張らなくちゃ、この子が困らないように、将来困らないように、ってずっとそういう目で息子を見ていて
離婚してからはますますそう思うようになって、「子育てを楽しむ」っていうことはほとんどなかった。
息子を見て純粋に「可愛い」って思うことがなかった。
可愛いよりももっと色々なことを考えてしまって、心配と不安とかそういう気持ちが常にあって
今思えばもっと単純に、2歳の息子、3歳の息子、そういう姿を楽しめれば良かったなって。

なーんて、今だからそう思えるんだろうなー。
今の息子の成長した姿を見ているからそう思えるんだろうな。
これからは6歳の息子、7歳の息子、1度きりの瞬間を楽しもう!っていう気持ちでいきたい。
大丈夫、きっと何とかなるよって、そう思いながら頑張ろう。

息子の力と、私の図太さだったり、行動力だったり、決断力だったり、そういう力を信じよう。


  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
課題と目標 :: 2014/05/17(Sat)


どんなに気分が沈んでいても、時間は過ぎるわけで
重い気持ちを引きずりながらも、今日は息子がいつも通っている園とは別の
社会福祉法人が運営している施設の親子指導に参加してきました。
いつもの園に不満があるわけではないのですが、そっちも良かったよー!っていう
ママさんがいたので、どんなもんなのかな~とお試しで。

今日行った施設は障がい児の施設入所支援も行っていて、現在約30名が入所しているそうで
現在通っている園よりも施設の規模が大きくて、体育館も広いのでそういう部分では
いいな~と思ったけれど、それ以外については特別惹かれるところは無かったかな。
でも基本引っ込み思案で内気な息子なので、いつもと環境が違うところで
過ごすのはいい刺激になったと思います。
初めは額からダラダラ汗を流すくらいに緊張と興奮が見られて、大丈夫か?と思いましたが
時間の経過とともに環境に慣れて、笑顔も見られたので良かったです。
2日間の日程なので、明日も行って来ます。

息子の場合、着替え・排泄・食事などの身辺自立が概ねできている状態なので
自宅や園での生活に特に不便を感じなくなっていて、言語面でも家族間であれば
問題ないくらいのレベルになってきたので(と言っても2語文だけど)
最近は息子に対して今後何を支援していく必要があるのか、目標を見失っていました。

でも相手の言葉(質問)を耳で聞いて理解する力、3語文でのやり取り、などなど
課題はいくらでもあるということをここ数日でかなり実感しています。

今年の目標1、3語文の習得。
        2、「言葉」を相手に思いを伝えるための道具として機能させる。
        3、オウム返し、独語を減らす。



帰って来てからご飯を作る気力が無かったのと、基本土日はダラダラモードなので
冷凍していたステーキ肉を細かく切って炒飯を作りました。
バター醤油にブラックペッパーでこってり牛肉炒飯です。
IMG_8749.jpg




味噌汁は豆腐・わかめ・ネギの簡単だけど大好きな組み合わせで。
作り置きのポテサラはそんなに日持ちしないと思われるので、朝も夜もひたすら食べます。
IMG_8750.jpg


緑が不足してますが、そんなの気にしない週末ご飯です。









  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
動揺しています :: 2014/05/16(Fri)


息子の発達検査、一応終わりました。
今日は新患扱いだったので、予約して受診できましたが(それでもだいぶ待ったけど)
次回は再来なので、予約がありません。
朝7時30分の開錠に合わせて並んで診察券を出して順番札を取る。
その後9時30分から診察が始まるので、7時30分に1番の番号を取った人から順に診察。
一度診察券を出して一旦帰宅、その後12時前までに病院に行って受付に番号を告げると
番号の早い順番に診察に入れてくれるのだそうです。

今日診察してくれたのは「発達障害と言えば○○先生」の○○先生だったので
それはラッキーだったのですが、その先生はやはり持ってる患者の数が多いらしく
ものすごーーーーーーく混むらしいのです。
普通に9時や10時に診察券を出してるようじゃ、何時間後に呼ばれるかわからないですと
会計の時に受け付けの方に説明を受けて、市内に住んでる方であれば
7時30分に一度並ぶことをお勧めしますと。。。

私の診察なのであれば何時間でも待ってもいいんですが、息子を連れてそれは無理です。
ですので次回は息子を母親に頼んで、私が朝仕事の前に診察券を出して
一旦仕事へ行って、昼前に息子を迎えに帰って病院へ行く。
そしてまた息子を母親に預けて私は仕事へ戻る・・・これでいこうかと思います。
有休フル活用どころか、足りなくなるんじゃないかと気が重いです。

検査の結果はまだわかりませんが、結果を見るまでもなく、残念な結果であることに
間違いないと思います。
息子は一生懸命やっていたし、時間がかかった病院でも大人しくしていてくれました。
検査の結果は息子の現状そのもので、それが現実なのだと受け止める以外ありません。

が、はっきり言って落ち込んでますし、久しぶりにどん底の気分です。
結果がダメだったのもあるのですが、仕事のことも気になって、どちらかと言うとそれが大きいです。
組織の一員として働く以上、個人的なことで仕事に穴をあけたくないし周りの人の負担になりたくないです。
お互い様の部分で協力してもらえる環境ではありますし、悩んだところでどうしようもないのですが
今全く余裕がないです。「どうしよう、どうしよう」っていう気持ちに押しつぶされそうです。

宝くじでもロトでも1等が2回くらい当たったら仕事はすぐにでも辞めようと思います。
↑という話を一週間に一度は隣人としていますが、これがいい息抜きになっています。



何が何だか・・・という夜ご飯。
残ったミートソースとご飯を混ぜてオムライスにしてホワイトソースとスイチリで。
IMG_8741.jpg


ホワイトソース全くいらんかったですけど・・・。



スライサーとせん切り器が猛烈に欲しいです。









  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ