QLOOKアクセス解析

どんぐりころころ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
父の日と母のちょっぴり複雑な思い :: 2015/06/21(Sun)


デイサービスとか学校とか、父の日の制作物を持ち帰って来て。
その中でもデイの制作がすっごい可愛いのです!
母の日の制作もすっごい手が込んでいて、指導員の方の創意工夫が溢れる素敵な作品で。
もちろん材料費は別途払ってはいるんだけど、100均アイテムを上手に使っていて
すっごく素敵なんです。
母の日は息子の活動中の写真とメッセージが木製のフォトフレームに入っていて
そのフォトフレームをマスキングテープや、シールで飾り付けしてありました。
父の日はお父さんの顔がついた小物入れでした。
これも色んな工夫がされていて、本当に感激してしまいました。

学校では絵具で手形を取って、裏にメッセージを書いたものを持ち帰ってきました。
小学校前に通っていた園では、母の日はあっても父の日の制作とかイベント系って
特にやってなかったと思います。

我が家は母子家庭だけど、月に1回面会してるし、入学式にも一緒に参加してるし
普段家にはいないけど息子にとっての「お父さん」はきちんと存在してるんですよね。
家にいないことがおかしいとか、何でうちにはお父さんがいないのかとか
そういうことを息子が理解しているかはわかりませんが、おそらくわかってないと思います。
お父さんは一緒に生活する人じゃないっていう認識で、それがお父さんなんだと。
それとも、お父さんいなくてもママがいるからって思ってるのかな・・・。

作品を持ち帰った息子に「おとうさんって書いてるし、これお父さんにあげる?」
って聞いてみたんですけど、あんまり乗り気じゃない感じ。
「じゃあママがもらってもいいの?」って聞くと「ママにあげる」って言うので
これはありがたく私がもらうことにしました。
これはこれでいいんです。
息子がそういうなら私が貰えばいいんだし、手形は自分で壁に飾るって張り切ってたし。

これが離婚してすぐだったら「ママにあげる」って言われたらそりゃ大喜びです。
「やっぱりね!ほらね、○○(息子)は私の方が好きなのよ!!!」って絶対そう思ったはず。
でも今は元夫に対する気持ちもだいぶ変わってるし(きっとお互いに)
子どもを通じての関係としてはベストな状態になりつつあるんじゃないかと思ってます。
今回の父の日の作品も、息子がお父さんにあげるって言ったら元夫に渡そうと思っていたんです。
でもそれは全部大人の考えや都合であって、息子に押し付けることではないし
それはそれで全然いいんですけど・・・。

うーん、書いてるうちにちょっとまとまりなくなっちゃいましたけど
息子にとってのお父さんとの関係、年齢と共に色々変化していくんだろうなーって思うと
この先どうなるか全然わかりませんが、それでも色々考えてしまいます。

まぁ、でも、月に1度会う父親との関係をあれこれ考えるよりも
毎日一緒にいる私と息子が仲良く暮らせるようにあれこれ考えた方が断然いいですね。
明日からまた色々頑張ろう!
スポンサーサイト


  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<三角フレンチ | top | 本日の夜ごはん>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nomiben.blog.fc2.com/tb.php/396-efc3da01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。